事務責任者会議

 11月16日、東京・千代田区のアルカディア市ヶ谷で一般社団法人全国レンタカー協会主催による「平成29年度事務責任者会議」が開催されました。各地区協会の専務理事・事務局長ら44人が出席し、活発な意見交換を行いました。

事務責任者会議
<平成29年度事務責任者会議 縄野会長の挨拶>

 まずはじめに全レ協の縄野会長が挨拶、次いで国交通省自動車局旅客課山﨑地域交通室長から挨拶を頂きました。

 続いて、国交通省自動車局旅客課坂井企画調整官から「ライドシェアの動向について」講演がありました。

画像の説明 画像の説明

<国交通省山﨑地域交通室長挨拶> <国交通省坂井企画調整官講演>

 次に地区協会活動事例発表として、地区協会の代表8名が発表を行いました。この事例発表は昨年度につづき実施するもので、積極的な取り組みを行っている地区協会に、好事例を紹介してもらうものです。

 (1)札幌レンタカー協会 下山事務局長「最近の活動状況について」

 (2)宮城県レンタカー協会 上床専務理事「Drive@TOHOKU(ドライブ東北)訪日レンタカー利用支援の取り組みについて」

 (3)栃木県レンタカー協会 関田事務局長「北関東3県レンタカー協会協議会について」

 (4)新潟県レンタカー協会 山本専務理事「事業者大会の開催について」

 (5)岐阜県レンタカー協会 大井事務局員「運輸支局との共催による講習会の開催について」

 (6)滋賀県レンタカー協会 市松事務局長「『白バス』行為への防止対策と経過」

 (7)香川県レンタカー協会 多川専務理事「『四国地区連合会第11回情報交換会の開催』及び『四国4県協会の平成29年度重点施策』について」

 (8)沖縄県レンタカー協会 伊佐顧問「沖縄を訪れる外国人観光客向けの白タク行為について」

 休憩をはさんで、甲田専務理事が「事業報告等等」の説明がありました。

 会議の後、会場を変えて懇親会を開催し、情報交換を行いました。